スリーピング新生児
たんぽぽ助産院ロゴ.png

1.来院、問診 

 

助産院に来院していただきます。場所は貝津町にあるホテルルートインのすぐそばのアパートです。アパートに向かって左から2番目が駐車場になっておりますのでそちらに駐車してください。ご主人、おばあちゃん、上の子との来院も可能です。

 

まず、問診表にご記入いただきます。母子手帳をご準備ください。現在の授乳の状況な

どお母さんや赤ちゃんのことについてお聞きします。気になることや相談したいこともご記入ください。

2.乳房ケア 

母乳育児の鍵は、赤ちゃんの吸啜(きゅうてつ)にあると考えます。赤ちゃんがおっぱいをしっかり吸うことで、ホルモンが働き母乳の分泌はよくなります。

 

また赤ちゃんがきちんと正しく吸えると、乳頭トラブルは起こりませんし、おっぱいは詰まらず、乳腺炎にもなりにくいです。

 

当院の乳房ケアは赤ちゃんの吸啜に倣っておっぱいのケアを行います。当院の乳房ケアはBSケアという手法を使うので「痛くない」とお母さんから好評です。

 

また母乳の出方の反応を診て、必要な時はミルクの足す量や足し方を具体的にお伝えします

たんぽぽ助産院ロゴ.png
たんぽぽ助産院ロゴ.png

3.赤ちゃんの体重チェック

 

赤ちゃんの体重を測定し、前回と比べて体重がどのくらい増えているかをチェックしします。体重の増え方はそれぞれ個性があります。また月齢によって増え方も変わってきます。

その子にとって今の体重の増え方でいいのか、飲む量や回数が足りないのかなどをアドバイスいたします。また裸で計測しますので全身の状態を診たり、発育が順調かどうか確認していきます。

たんぽぽ助産院ロゴ.png

4.授乳チェックと練習

赤ちゃんの授乳の様子を見させていただきます。

授乳で赤ちゃんがうまくおっぱいをくわえられているか、お母さんや赤ちゃんの授乳姿勢、抱き方等、個々に合わせて説明いたします。

たんぽぽ助産院ロゴ.png

5.現在の状況と今後のケア方法について

 今、どのような状況か、今後どのようにすればよいか、お母さんがおうちでできるセルフケア方法までアセスメントシートに書いてお伝えします。母乳や授乳について、赤ちゃんについて気になることは遠慮なくお聞きください。また必要時は医療機関へのご紹介をいたします。

このような流れで進めますので、初産のお母さんも、2人目以降のお母さんも安心して受診くださいね。